LINK FC2 Ranking

虚言癖のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




関連ブログをランキング表示
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖闘士星矢(セイントセイヤ)の続編発表

セイントセイヤという作品をご存知だろうか?
1986年から1989年に放送された、日本のアニメである。
ちなみに私は
名前は知っているが内容は知らない。
興味もない。

だが現在、かつての製作者たちが一堂に集結し、
セイントセイヤの続編を目下製作中であるとの情報を掴んだ。

その名も、「大概弐星矢(タイガイニセイヤ)」。
 物語のあらすじは以下のようになっている。

~あらすじ~

舞台は幕末。土佐藩の坂本竜馬が、暗殺者に命を狙われているところを、宇宙から隕石に乗ってやってきた「大概弐星矢」が、暗殺者たちを一瞬で打ちのめし、坂本竜馬を助ける。
命を救われた坂本竜馬は、お礼に「紙ヒコーキ」を大概弐星矢に授ける。
喜んだ大概弐星矢が自らの前方に紙ヒコーキを投げてみると、すさまじい速度で飛んでいき、3秒後には地球を一周して後方から飛んで戻ってきた。
これは珍しいことがあるものだということで、見世物にして金を儲けた。
これを元金にして、今度、麻薬の密売をやってみよう、という物語。

~~~~



実に面白そうだ。
今年の年末あたりに公開予定だそうだ。
興味のある方はぜひ見てみることをお勧めする。


関連記事




関連ブログをランキング表示
  1. 2012/08/26(日) 00:43:53|
  2. ニュース
  3. | コメント:4
<<赤頭巾頭巾ちゃん 前編 | ホーム | うっとり雑学3連発!>>

コメント

尾崎も聖闘士星矢、どっぷりど真ん中世代だったかと思われ、名前は知っているが、なんの興味も抱かなかった部類です。もはや、どんな面構えだったのかすら1mmも思い出せません。

大概弐星矢、実に楽しみですよね。
尾崎の聞いた噂では、投げた紙ヒコーキが戻ってくる度に、世界中のあらゆる霊長類が突き刺さって返ってくるというストーリー構成から、それらの霊長類を一同に集めた動物園を過疎化に悩む東北の地方都市に建設するストーリー、旭山動物園物語的感動巨編になるとの事でしたが、ゴッド・ファーザー的な展開に路線を変更したようですね。そっちの方が断然おもしろくなりそうですね。
ちなみに、大概弐星矢決定前、その候補として、エエカゲンニセイヤという名前も最終候補で残っていたらしいです。ただ、その漢字名が、「塩梅絶妙弐星矢」だった為、それを“エエカゲン”と読める人が少なかったところから却下になったらしいです。
  1. 2012/08/26(日) 11:44:35 |
  2. URL |
  3. ozaki #-
  4. [ 編集 ]

なるほど、ozakiさんもまた絶妙なセンスの情報を掴んでいたというわけですね。
紙ヒコーキが世界中の霊長類に突き刺さって返ってくるというのは、これまた過激なストーリーですね。霊長類ですから、やはりヒトも含まれていたのでしょうか。だとすると、やはり道徳的によろしくないということで却下だったのでしょうね。麻薬密売ストーリーもNGになりそうでしたが、脱法ドラッグを主に扱うようにしたところ、なんとかOKが出たようです。

>エエカゲンニセイヤという名前も最終候補で残っていたらしいです。
この情報は私も掴んでいました。「塩梅絶妙弐星矢」がエエカゲンニセイヤと読める人がどれくらいいるのか、全国に電話でアンケートをとったところ、1000人中3人しかいなかったようです。業界ではその3人のことを「選ばれし三大神秘」と呼んでいるようです。
ちなみに残りの997人は、アンケートに「アンバイゼツミョウニセイヤ」と答え、質問者に「ぶーっ、はずれでーす」と言われると、「なんでやねん!」と言った方が347人、「あちゃ~、やってもうた」と言った方が150人、「ええかげんにせいや」と言った方が500人に上ったそうです。
  1. 2012/08/26(日) 15:14:23 |
  2. URL |
  3. おおとり #-
  4. [ 編集 ]

関東の平野

こんばんはv-411

「大概弐星矢」早く観たいですね。
自分は、聖闘士星矢の続編のバッタもんの
DVDを観たことがあります。
その名も「銭湯にせいや!!」というものでした。

あらすじは、「大概弐星矢」とほとんど同じなので
正直、ビックリしています。
もしかしたら「大概弐星矢」製作前に
脚本が情報漏れしたのかもしれませんね。

ただ少し違う処は、主人公の家の風呂が
壊れた時に主人公が台所の流し台で
身体を洗っているところを母親に

「銭湯にせいや!!」と怒られて終わるという
感動場面がある所でしょうか。
30分間涙が止まらなかったのを覚えています。v-352
  1. 2012/08/26(日) 20:19:53 |
  2. URL |
  3. オーラ・スピリット #-
  4. [ 編集 ]

「銭湯にせいや!!」ですか・・・え?
あらすじは「大概弐星矢」とほとんど同じなのですか?
ビックリです。 タイトルに「銭湯」が入っているのに、麻薬密売のストーリーだったのですか?
銭湯の湯水がごとく、麻薬を浴びるように摂取していく描写に重きを置いているのかと推測します。
そして、脚本の情報もまた、銭湯の湯水がごとく流れ出ていたのでしょう。

それにしても感動的なクライマックスですね。
主人公は無謀にも台所の流し台で身体を洗っているのに、
それを唯一の肉親である母親に、裸のまま追い出されてしまうのですね・・・
 近くに銭湯なんて無いのに・・・
それを聞いただけでも、3分間涙が止まりません。
  1. 2012/08/26(日) 21:14:42 |
  2. URL |
  3. おおとり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿