LINK FC2 Ranking

虚言癖のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




関連ブログをランキング表示
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近ひざの関節が痛い人々

 
最近ひざの関節が痛い人々が、実在するとの情報を掴んだ。
彼はなぜひざを痛めてしまったのか。
彼のひざの中で、今、いったい何が起きようとしているのか?

 のひざの

彼のひざの中では、今、コンドロイチンとコラーゲンが、互いに干渉しあっている。
本来、軟骨セキュリティ・サプリは、同時に摂取してはならない。
コンドロイチン 「この関節は私が守る!」
コラーゲン 「いや、私だ!私のほうがふさわしい!」
これらは互いを排除しようとするから、ひざに、とんでもない負荷がかかる。
最悪の場合、ひざのリソースがとんでもなく消費され、ひざがダウンしてしまう。
ここで、ひざ初心者の人々は、慌ててひざを再起動する。
しかし、ただ再起動させただけでは、いずれまた、ひざがダウンする。

 では、どうすればいいのか?

ひざを回復させるためには、まず、ひざをセーフモードで立ち上げなくてはならない。
以下に、その手順を記す。
1.ダウンしたひざを両手でしっかり押さえる
2.身体の重心を後方へとシフトする
3.そのまま後ろに倒れる
4.反動で前に戻るまでの間に、東洋医学で有名な例の F8のつぼ を連打する。
こうしてひとまず、ふたたび立ち上がることができるだろう。

 重要なのはこれからだ

コンドロイチンとコラーゲンのどちらかを、安心ストールしなければならない。
ちなみに、ストールとは婦人用の肩掛けのことである。
安心ストールとは、肩掛けをかけてあげることで、安心してもらうことだ。

まず、自分がいままで摂取していたコンドロイチンとコラーゲンのサプリメント・ケースを目の前に用意する。
この2つのうち、どちらかを安心ストールしなくてはならない。
多くの場合、コラーゲンを安心ストールしたほうがいい。なぜなら、コラーゲンなら、豚足をたくさん食べることでカバーすることが可能だからだ。
さて、コラーゲンを安心ストールすると決めたなら、コラーゲンのサプリメント・ケースにストールをかけて安心させてあげよう。「もう頑張らなくていいんだよ。いままでありがとう。」と声をかけてあげることを忘れずに。

安心ストールが済んだら、友人を呼んで、「ひざかっくん」をしてもらおう。こうすることで、ひざが一旦ダウンする。そうしたら、今度は、セーフモードではなく、通常起動をする。すなわち、自力で立ち上がってみる。この段階でひとまず、ひざの回復は完了である。

いかがだったであろうか。読者の方々も、軟骨セキュリティ・サプリの摂取には、十分気を付けてほしい。下手すれば、ひざの皿を完全に交換せざるをえない事態に発展しうるのだから。
 
 
 
関連記事




関連ブログをランキング表示
  1. 2012/02/28(火) 21:19:56|
  2. 研究報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名無しさん@快便です。 | ホーム | 作曲あるある>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL
http://kyogenhekino.blog.fc2.com/tb.php/10-d4958625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)