LINK FC2 Ranking

虚言癖のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




関連ブログをランキング表示
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ショルダーバッグにショルダータックル


ショルダーバッグにショルダータックルしたら、いったいぜんたいどうなってしまうのか。私やあなた、ひいては世界はどうなってしまうのか。

べつに何も起こらないよ、とあなたは言うだろう。

だが、私には何かが起こるような気がしてならない。ゆえに私は実験した。

ショルダーバッグにショルダータックルしてみた。

そう、それは初夏の暖かい光に包まれたかのような春の日。午後からは肌寒い一日になるでしょう。そう語るお天気キャスターの表情には不吉な相が浮かんでいた。

こいつは死ぬ。

間違いない。
私がショルダーバッグにショルダータックルしたせいで、人が一人、死んでしまいそうになっている。

私は急いでテレビ局に通報した。
「今、私はショルダーバッグにショルダータックルしました。何か新しい未来が誕生するような予感がしたからです。しかし、現実にはお天気キャスターの命を奪う結果となりそうです。私は故意に人の命を奪おうとしたわけではないのです。警察にはどうか内緒でお願いします」


このとっさの判断によって、私はどうにか今日まで逮捕されずに済んでいる。

ショルダーバッグにショルダータックルすると、ショルダーとショルダーは打ち消し合い、バッグとタックルがぶつかり合って猛烈に意味が分からなくなる。

この誰も知り得ない意味不明の領域で、バッグの中身がはじけ飛び、どこかで誰かが一人死ぬ。

絶対にショルダーバッグにショルダータックルしてはならない。

たとえそのショルダーバッグが、あなたの嫌いな人間がこつこつと頑張って貯めたお金で買った高級ショルダーバッグだったとしても。




スポンサーサイト

関連ブログをランキング表示
  1. 2015/05/10(日) 23:38:29|
  2. 研究報告
  3. | コメント:0

ウルトラの夢


私には小さい頃からの夢がある。
それは、「ウルトラの父になりたい」というものだ。
物心ついたときから、将来はウルトラの父になると腹を決めていた。

しかし、どんなに求人情報をあさっても、ウルトラの父を募集する会社はなかった。

こうなったらフリーランスとしてウルトラの父になるしかないと思った。

だが、ここで大きな問題にぶつかった。ウルトラの父の具体的な業務内容が分からない。

一体、ウルトラの父は何をどうやって生活の糧を得ていたのか。そもそも飯を食うのだろうか。

多くの疑問に悩まされたが、私は夢を捨てきれなかった。

なんとしてもウルトラの母と結ばれたい。ウルトラの乳を揉みたい。

そういきり立った私は股間を手で抑えながら、ひとまずの生活の糧を手に入れるべく、今日もスーパーマーケットのアルバイト求人に応募の電話をかけるのであった。





関連ブログをランキング表示
  1. 2015/05/10(日) 23:00:09|
  2. 自伝
  3. | コメント:1

心とは何か。
心というのは、とても神秘的で、すさまじい力をもっている。

心が変われば何でもできる。
痴漢だってできる。
電車の中で、痴漢だってできる。
そして、駅員に事情を聞かれても、言い訳だってできる。

しかし、そんなことは決してやってはならない。

なぜか。

なぜなら、心というのは、とてつもなく恐ろしいものだからだ。

痴漢を一回でもやってしまったら、
あなたの心の中に、
痴漢の魂が生まれる。

痴漢の魂は、
あなたの心を、痴漢のことだけでいっぱいにしてしまう。

「次はどこで痴漢しようか」
「どうやって痴漢しようか」

そういう考えが限りなく溢れ出て、あなたの心を支配してしまう。


そして、本来であれば、

「次はどの駅で乗り換えようか」
「どうやって通勤時間を短縮しようか」

などと考えていたところが、
痴漢の考えに置き換わってしまう。

そう、置換されてしまうのだ。
有益な思考が、痴漢の思考に、置換されてしまうのだ。

これはダジャレではない。

心は本当に恐ろしいものなのである。

この概念の連鎖、
すなわち、
自らが痴漢してしまったことにより、
自らの心が置換されてしまうという、
この概念の連鎖。

これこそが心の末恐ろしさであり、
これこそが心というものの全てを端的に表わしているのだ。





関連ブログをランキング表示
  1. 2014/09/01(月) 00:56:28|
  2. 研究報告
  3. | コメント:0

私はゴッホの先祖の末裔

唐突にカミングアウトをさせていただくが、
実は私は、かの有名な画家フィンセント・ファン・ゴッホと血がつながっている。

フィンセント・ファン・ゴッホの先祖を約100万年辿ってみると、
アウストラロピテクスという類人猿に行き着くのだが、
実は私の祖先もまた、アウストラロピテクスなのだ。

だからといってはなんだが、私はなかなか絵を描くのが上手い。
控えめに言っても、フィンセント・ファン・ゴッホに匹敵するような絵を描くことができる。
控えめに言わなくてよいのなら、私の絵はフィンセント・ファン・ゴッホを凌駕する。
さらに強気で言うのなら、私は世界で一番上手に絵を描けることになる。

だが、読者諸氏はそういう私の言葉を簡単には信じないであろう。
「そこまで言うなら実際に絵を描いて見せてみろ」などという月並みな意見を読者諸氏が抱いたであろうことは、筆者の私には手に取るように分かる。

そこで私はあえて断言しよう。
絶対に絵を描いて見せることは無い、と。

私の絵画の腕前が、フィンセント・ファン・ゴッホ譲りで世界屈指の実力を誇っていることは、私にとって火を見るよりも明らかで、それをわざわざ読者諸氏に証明する必要性は感じていない。


そしてなにより、絵を描くのは面倒くさい。
すごく面倒くさい。疲れる。
別に私は絵を描いていて楽しいと思ったことはないし、
そんなことをしている時間は大変もったいない。
そんなことをするくらいならTSUTAYAで新作のDVDでも借りて
家で一人ゆったりと映像作品を見ていたほうが100倍マシである。

基本的に静止画よりも動画のほうが、見ていて面白い。
 
 





関連ブログをランキング表示
  1. 2014/08/31(日) 00:00:00|
  2. 自伝
  3. | コメント:1

100円の価値しかないのに、ポケットに入れた瞬間「万引き」になるのは何故か?


みなさんは万引きをしたことがあるだろうか?
万引きをすると、摩訶不思議なことが起こる。
さっきまで100円だったお菓子が、ポケットに入れた瞬間、
一万円になってしまうのだ。

続きを読む



関連ブログをランキング表示
  1. 2012/11/06(火) 00:21:02|
  2. 研究報告
  3. | コメント:9
次のページ